人を愛し、生きることの素晴らしさを撮り続ける

写心家 若杉 鏡心    和をこよなく愛する男である。そして現在住んでいる長崎も撮り続けている。

                                  人類が決して忘れてはならないあの出来事、8月9日11時02分。この日この時の記憶を
                                  風化させない為に「8月9日11時02分にシャッターを切ろう」運動を展開している。