各種活動報告
 
「原爆症認定集団訴訟を支援する会・長崎」
市民の皆さんへ
   市民の皆さん!いま全国8つの地方裁判所で、11都道府県78名の被爆者が原爆症認定をめぐって国を相手に裁判を起こしていることをご存じでしょうか。このようなことを裁判で争わなければならないのは、本当は悲しいことです。しかし被爆者が裁判に訴えなければならないほど、国の被爆者行政は本来の趣旨を離れ、被爆者にとって過酷なものになっているのです。
 原爆症認定制度とは、国が被爆者のケガや病気を原爆の放射線に起因すると認めた場合、その被爆者を国が救済する制度です。しかし、放射線が目にも見えず、匂いもないことを隠れ蓑に、国は放射線の影響をきわめて消極的にとらえ、この制度の運用にきびしい枠をはめ、被爆から58年目を迎えるいまもなお、原爆が被爆者の身体を蝕み続けている事実を認めようとしません。
 いま全国に広がっている原爆症認定を求める裁判は、このような国の対応に我慢できない被爆者が、国の姿勢を正そうと起こした裁判です。現在、長崎地裁では15名の裁判が進行しており、7月2日につづいて9月17日には第2回の口頭弁論がひらかれます。
 私たちは、この裁判は決して原告である被爆者だけのことではないと思っています。
もともと原爆の被害は、国がはじめた戦争のせいで、そしてその戦争を国が継続したために、被爆者が被ったものなのです。国はその被害を償うのが当然なのです。それなのに国が原爆の被害を補償するどころか、被爆者の救済にさえきびしい枠をはめるのは、核の傘に依存し、核兵器を容認している国の姿勢と深い関係があると思わざるをえません。
 私たちはこの裁判を通じて、国の被爆者行政の抜本的な転換を実現し、ふたたび被爆者をつくらない日本を築く大きな一歩にしたいと考えます。
 市民の皆さん!身体の不調に屈せず、裁判にとりくむ被爆者を励ましましょう。原爆症認定集団訴訟の意義を広め、裁判支援の輪をいっそう大きくしましょう。国の被爆者行政を是正させ、二度と被爆者をつくらない日本を築きましょう。

 
2003年8月2日 長崎原爆症認定集団訴訟を支援する会
 
「原爆症認定集団訴訟を支援する会・長崎」
申し合わせ事項
 
2003年8月2日設立
 

  1. この会は「原爆症認定集団訴訟を支援する会・長崎」とし、事務所を長崎市岡町8番20号(財)長崎原爆被災者協議会内に置きます。

  2. この会は原告を支援し、裁判勝利を勝ち取るとともに、原爆被害の実態を明らかにし、国の被爆者援護施策と「認定」行政の転換を求めます。
    ふたたび被爆者をつくらないため核兵器廃絶をめざします。
    具体的な活動として裁判の趣旨の普及と支援の拡大、裁判の傍聴、公正な判決を求める署名運動、募金運動などに取り組みます。

  3. 会の目的に賛同して入会した個人及び団体で構成します。

  4. 会費、寄付金,その他で運営し、必要に応じ事業をおこないます。
    会計年度は4月1日から翌年3月31日とし、会費は個人年額1,000円、団体年額5,000円とします。

  5. 役員は代表委員1名、運営委員若干名、監事2名をおきます。
    運営委員は代表委員が委嘱します。役員の任期は1年とします。代表委員及び監事は総会で選出します。

  6. 会議は総会、運営委員会とします。
    総会は年1回とし、必要に応じ臨時に開くことができます。
    運営委員会は必要に応じ開催します。
    総会を最高議決機関とし、その具体化は運営委員会でおこない、日常の業務は事務局において処理します。事務局担当者は運営委員会で委嘱します。
 
「原爆症認定集団訴訟を支援する会・長崎」
呼びかけ人(あいうえお順・敬称略)
 
池田早苗(西町被災協支部長)
石田謙二(長崎新聞労組執行委員長)
岩本アヤ(原水爆禁止長崎県協議会代表委員)
岩本省三(長崎県生活協同組合連合会理事長)
上田喜志子(長崎県地域婦人団体連合会会長)
内田伯(長崎の証言の会代表委員)
内田保信(仁田被災協支部長)
大串嗜乗(円成寺住職)
大橋裕(長崎県平和委員会理事長)
大矢正人(長崎総合科学大教授)
鎌田信子(長崎平和研究所)
熊谷悟郎(弁護団)
黒崎晴生(日本リアリズム集団写真家)
黒崎美千子(童話作家)
小島幸満(長崎県壱岐被爆者の会)
古原進(弁護団)
小峰秀孝(長崎原爆青年乙女の会事務局長)
坂本フミエ(香焼被災協会長)
鮫島千秋(非核の政府を求める長崎県民の会代表常任世話人)
塩塚節夫(弁護団)
柴田國義(弁護団)
嶋賢治(嶋会計事務所所長)
下平作江(長崎原爆遺族会会長)
白似田幸生(全造船機械三菱長崎造船所分会執行委員長)
末永浩(長崎の証言の会事務局長)
住徳一夫(松浦被災協会長)
高橋眞司(長崎大学教授)
田中重光(矢の平被災協会長)
谷口稜曄(長崎被災協副会長)
築城昭平(被爆者)
土山秀夫(地球市民集会ナガサキ実行委員長)
哲翁昭邦(長崎県保険医協会会長)
寺井一通(シャンソン歌手)
戸田清(長崎大学助教授)
中井満則(生活と健康を守る会長崎県本部会長代行)
中川原芳紀(いきいきコープ専務理事)
中崎幸夫(原水爆禁止長崎県民会議議長)
中溝昭二(長崎被災協理事)
中村尚達(弁護団)
野口保(三ッ山被災協会長)
迫光夫(弁護団)
濱崎均(長崎の証言の会代表委員)
葉山利行(長崎被災協会長)
原章夫(弁護団)
平野伸人(自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人)
広畝百枝(西浦上被災協支部長)
廣瀬方人(広瀬訴訟原告)
深堀勝一(長崎県被爆者手帳友の会会長)
福長春二(長崎被災協飽の浦支部長)
藤澤秀雄(自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人)
渕上剛幸(長崎県自治労連委員長)
保坂陽一(長崎県映画センター代表)
毎熊茂(諫早被災協会長)
前田保子(新日本婦人の会長崎県本部会長)
升本由美子(いきいきコープ理事)
松谷英子(松谷訴訟元原告)
宮本圭子(長崎を最後の被爆地とする誓いの火維持会代表)
三輪博志(長崎被災協深堀支部長)
元山寿恵子(活憲21ながさき代表)
森口正彦(長崎の証言の会)
森口貢(核兵器廃絶ナガサキ市民会議事務局長)
山川剛(核実験に抗議する長崎市民の会事務局長)
山口仙二(日本被団協代表委員)
山下兼彦(山下内科医院院長)
山田拓民(長崎被災協事務局長)
山道和則(長崎民主医療機関連合会)
横林和徳(長崎県高教組委員長)
横山茂樹(弁護団)
横山照子(中央相談所理事)
吉田勲(東長崎被災協支部長)
吉田省三(いきいきコープ理事長)
吉田良尚(弁護団)
吉次実男(長崎県商工団体連合会会長)
吉野一郎(長崎県労連委員長)