管理人の音楽プロフィール

もどる

名前 布袋 厚(ほていあつし) 長崎市在住 (布袋寅泰とは関係ありません)
少人数無伴奏ヴォーカル古楽アンサンブル Musica Antiqua Nagasaki に所属 アルト(カウンターテナー)担当
中世・ルネサンス・バロックなど古楽が好き,とくにルネサンス合唱曲を歌うのが好き
現代譜ではなく作曲当時の原譜を見て歌うのが趣味
楽器の実用レベルの演奏はできない

1966年
(小1)
幼稚園児にまじって週1回ヤマハ音楽教室に通う
1968-1970年
(小3−小5)
バイオリンをならう
ファーストポジションの終わりごろやめる
2年間で楽譜の読み方や音感の基礎ができたので,意義はとても大きい
1969-1971年
(小4−小6)
“みんなのうた” “歌はともだち”にでてくる児童合唱の曲,ヨーロッパの曲をきいて感動する
当時の“みんなのうた”はいまと内容がまったくちがっていた
1971年11月
(小6)
長崎市小学校音楽会に合唱で出演(長崎市公会堂)
6年生の大部分が参加,総勢100名余
1971年11月下旬
(小6)
“みんなのうた”で“小さな木の実”が流れているとき,突然,合唱団に入りたいという,電撃のような衝動にかられる
1971年11月30日
(小6)
木の十字架少年合唱団公演を鑑賞
1971年12月4日
(小6)
長崎児童合唱団に入る
(いまの長崎児童合唱団やNHK長崎児童合唱団とは無関係)
1972年2月27日
(小6)
長崎県少年合唱団定期演奏会を鑑賞
(いまの長崎少年少女合唱団)
1972年6月ごろ
(中1)
長崎児童合唱団解散
わずか半年の体験だったが,生涯忘れられない思い出となった
1972-1974年
(中1-3)
当時の長崎では珍しかった校内合唱コンクールで情熱をもやす(指揮や伴奏をしたわけではないが)
並行して,ヴィヴァルディの合奏協奏曲 “四季”にハマり,スコアを見ながら,いっしょに声を合わせる(このときのファルセット発声が30年後の男声アルトにつながる.首席バイオリンや通奏低音は全曲ほとんど覚えるほどで,また,知らず知らずのうちに楽典の知識や和声の感覚がついた)
1973年はじめ
(中1の3学期)
変声期をむかえる
少なくとも1972年11月末までボーイソプラノが出ていたことは鮮明に記憶している
1973年9月には低音でおちついていた
1975年3月26日?
(中学校卒業の春)
長崎東西南北高校交歓音楽会を鑑賞
長崎東高校音楽部の演奏で,ルネサンス合唱曲にはじめてふれ,ひきつけられる
1975-1976年
(高1-2)
芸術科目で音楽を選択
NHK-FMの “バロック音楽の楽しみ” をきくようになり,ルネサンス・バロックの世界にふかく入りこむ
1976-1977年
(高2-3)
長崎南高校でコーラス部に片足つっこむ(部員にはなっていない) おもにテノール担当
長崎東西南北高校交歓音楽会(1977.3.26? 長崎市公会堂)
長崎県高等学校連合音楽会(1977.5.28 佐世保市民会館)
長崎合唱祭(1977.6.26 長崎市公会堂)
に出演
1978年4月
(大1)
長崎大学ロマンツアー合唱団に入る
練習日程がハードすぎて,ひと月でやめる
1986年12月11日“500人の第九”に出演(長崎市公会堂)
2000-2003年バッハ・ラモー・ヘンデルの鍵盤曲を古典調律でMIDIデータ・MP3音源にしてWEB公開(現在は消滅)
2003年8月2日長年の夢であったルネサンス合唱曲を歌うために Musica Antiqua Nagasaki に入る
アルト(カウンターテナー)に転向
2004-2008年ルネサンス合唱曲などをひとり多重録音してWEB公開
2012-2015年ルネサンス合唱曲などをボーカロイドにより音声データにする
動画化してニコニコ動画で公開 2019年4月YouTubeに移植完了
2019年10年ほど参加できてなかった Musica Antiqua Nagasaki に復帰
ひとり多重録音の音声を動画化しYouTubeで公開(進行中)

もどる