名前のわからない野鳥


野鳥の名前も殆ど知らない私、図鑑を眺めながらのアップですので鳥名は間違いが多い、と思います。
その際はどうか温かくご指導を賜れれば、と思います。
現時点で不明の鳥です。どなたかご指導いただければ、ありがたいのですが、
浅学ながら私の識別メモです。 こちら

29年9月30日、これもわからない!右はヒバリシギでは、、(どうやらコアオアシシギ、とのことのようです。)

どうもヒバリシギの間違いが多い。ヒバリシギは背中にV字斑があり、羽は黒い軸斑が目立つ。頭はキャップ状、嘴がやや下に曲がり、短い。
眉斑が額でとぎれる。脚は緑黄色、中指が長い、胸に縦斑がある。キリアイ、トーネン、ウズラシギによく似ているが小さい。

29年9月27日、わからない!


29年9月27日、これもわからない!が、顔はオバシギ風、


29年9月27日、サルハマシギかなと思いながら、嘴が尖ってないのが微妙、


29年9月25日、もしや「ジロネン?」思って打診したところ「ごく普通のハマシギ冬羽」とのご指導でした。
よく見ると嘴の形がハマシギ、、


29年8月28日、わからず「この鳥なあに?」に打診したところ「ハマシギの幼鳥」とのことでした。


ノハラツグミがいます、との知らせを受け、出かけ
他のツグミより頭が灰色交じりで、喉下の白色部が少なく、雨覆の先端に白色部があるものをアップしてみましたが、違うとのご指摘、
でも普通のツグミかなあ?


28年10月14日、ホオジロ♀かなと思い、アップしましたがホオアカの♀との意見もあり、結局断定できず、


27年9月28日、ルリビタキのメスかな? 


オオジュリンにしてはかなり小柄ですが、幼鳥かな? それともコジュリンの♀、


平成28年9月28日、鳥名間違いを指摘された、ヒメアマツバメ、ボケで識別し難いですが、
当日観察したのは、ヒメアマツバメとアマツバメ、ハリオアマツバメだったと記憶しています。再点検中、
小さくて喉下と腰上が白いのがヒメ、尾が切れ込んでおり翼が大きく、腰の白いのがアマ、
ハリオは翼が鎌切り型で喉と腰の上下が白いと聞いています。難しい!!
 
普通のツバメは顔が赤く、尾が切れ込んでおり、腹部は白い。

平成28年9月15日、今回鳥名間違いを指摘された写真です。感謝しています。
シベリアジュリンではなくオオジュリン、 ヒメアマツバメではなく普通のツバメ、との指摘


サメビタキではなくキビタキの♀、 シマアカモズでなく普通のモズ、との指摘


もしやサバンナ?とアップしていたのはキマユホオジロ、との指摘


平成28年4月30日、「コシアカツバメ」「オオコシアカツバメ」の識別の参考にもう1枚だけ、
尾がかなり長いようにも見えました。


平成28年4月30日、キビタキの亜種?「リュウキュウキビタキ」か「キムネキビタキ」か確認できていません。
 

こちらは「キビタキ亜種」のほかに「ノゴマ♀」という方と、「ニシオジロビタキ」という方がいますが、確認できていません。
確認できるまでは暫定的に「キビタキ変種」としておきます。1枚しかないので残念!

ムクドリの幼鳥とのご指導ありました、ありがとうございました。


多分エリマキ?


左はジョウビタキの♀、右はツグミと思うんですが、ハチジョウツグミかな?、


平成27年5月27日、センダイムシクイは頭央線が識別のポイントですが、
なかなか頭央線がはっきりと確認できる機会は少なく、自信を持てません。
とくにメボソムシクイ(高山域)とはよく似ており、識別は難しいようです。
下嘴が橙色をしてれば、センダイの公算が高いようです。
エゾムシクイは翼帯が2本あることが多く、脚がピンク色なのが特徴とのことです。


「アトリ」にしては背中の斑模様が細かいが、、。