宗祇・宗長・玄庵を偲ぶ一節切の旅


小田原在住の尺八家、牧島志洞師のお誘いで平成15年8月25日より27日までの3日間
小田原、静岡周辺の尺八に関する史跡を訪ねた。
なにしろこの地区は、織田、豊臣、武田、今川、北条、上杉などの戦国の武将が
覇を競ったところであり、また当時の文化の中心地でもあった。
とくに「島原城の尺八」は駿河の持舟城で天正10年(1582)手に入れられたものであり、
家康や家忠とも姻戚の松平太郎左衛門重定がとくに欲しがった城宝であったことが推測される。
その後の調査によって、これが法橋である「宜竹」の作であることが判明した。

 
しかし、萬宝全書に出てくる「宜竹」は1655年に法橋に任ぜられており、時代があわない。
しかも樺巻きが施してなく、茶人が好むような簡素な作風である。
私の個人的な憶測だが、樺巻きが施していない宜竹初期の作品だから、
松平家が特に欲しがったのではなかろうか?
おそらく当時の著名な連歌師か茶人が所持していたものと推測され、何かの手がかりを
得られればと、今回の研修旅行を思い立った。
小田原在住の尺八家牧嶋志洞師には旅行中、特段のお世話になった。


早雲廟の前で






定輪寺宗祇墓地の前で










宗長が住んだ柴屋軒、後の柴屋寺の前で
牧嶋先生と


柴屋寺にある「頓阿法師作の一節切」
宗長(1448〜1532)自らが吹いていたという。






 


「頓阿法師の一節切」を格段のご配慮により
吹かせていただいた。感激この上ない!!
お礼に静風銘の一節切を一管進呈、
訪問者への試し吹き用に使っていただければ光栄です。


北条早雲が築いた城、興国寺城
後にめまぐるしく城主は変わる。
早雲はのちに韮山城主となる。







由良の興国寺と多いにかかわる願性を生んだこの地の豪族、
葛山氏の城、「葛山城」



修善寺の龍源寺、旭滝の前で、
「滝落ちの曲」の発祥地として有名、








旭滝の前で一節切献奏











   静風&歌子のホームページへ戻る