鳥の撮影まとめ(平成26年)


野鳥の名前も殆ど知らなかった私でしたが、大腸の手術を機会に健康回復を願い、
平成26年3月6日、初めて野鳥の撮影に取り組み、1年を経過しました。
山歩きのおかげで、ずいぶん健康を取り戻せました。
まだまだ図鑑を眺めながらのアップですので、鳥名は図鑑頼り、間違いも多いと思います。
その際はどうか温かくご指導を賜れれば、と思います。(家禽など野鳥以外も一部含んでいます)

96「コサギ」、平成26年12月、唐比蓮池で、


95「コブハクチョウ」、平成26年12月、神の浦川で、右は平成27年1月、


こちらは「オオハクチョウ」と思っていたら、「コブハクチョウの幼鳥」とのこと、平成26年12月、小城市内で、
嘴が先まで黄色、「オオハクチョウ」の嘴は先が黒いし、幼鳥は体色が灰色、 


94「マナヅル」、平成26年12月9日、初めて出会いました。
親子で出水へ向けて懸命に飛んでいます。後ろの鶴が幼鳥のようです。 


92「イカル」、平成26年12月31日に初めて出会った。新年になってやっとまずまずのが撮れました。


90「キンクロハジロ」平成26年12月21日、やっと撮れました。
 

88「マガモ」、平成26年12月18日、中山ダムで、

87「バンの冬羽」、平成26年12月18日に近郊のダムで撮ったバンの幼鳥はまだ嘴が黄色でした。


86「亜種のオオカワラヒワ」、平成26年12月11日、干拓地で、


85「アカハシハジロ」 平成26年11月21日、こちらが頭の赤い鴨、


84「ホシハジロ」、平成26年11月21日、中山ダムで


82「ジョウビタキ」、平成26年12月24日、♂と♀が干拓地で撮れました。


81「タヒバリ」、平成26年11月30日、オオジュリンとは少し違うような気もするが、、
葦原でなく、タゲリと共に田んぼにいました。過眼線がなく、頭が産毛、茶灰色、
嘴は「オオジュリン」に比べ細く尖っている、しかし上下共黒いのが気になる。
脚は「オオジュリン」は黒いのに、こちらは赤い、しかし脇に縦縞がすこしあるので
これもやはり「オオジュリン」なのかなあ? 実は「タヒバリ」とのことでした。


その後、平成26年12月12日、干拓地で、体形が小さく、薄茶灰色、縞模様も単純、


79「シベリアジュリン」と確認できました。平成26年12月9日、干拓地で
体形が小さく、眼上の白斑はなく灰色味がかっている、脇の縦縞はほとんどない。
嘴は小さく、色が上下違うみたい(上が黒、下が肉色)


76「ナベヅル」に初めて出会いました。平成26年12月2日、 


74「オオジュリン」、平成26年12月3日、換羽中か?
体色が白く、胸の黒斑が目立ちます。嘴は上嘴が黒、下嘴が肌色、 


73「ツリスガラ」に逢えました。平成26年11月28日、 


72「カチガラス」、平成26年11月27日、鳥栖で撮影に成功しました! 別名「コウライガラス」


74「オオジュリン」、平成26年11月21日、干拓地で、


71「ホオアカ」、平成26年11月20日、森山干拓で、田んぼの中で、ホオが赤い、


70「チゴハヤブサ」、平成26年9月24日、中央干拓地で、トンボの捕獲シーン
 

69「カシラダカ」、平成26年11月18日、干拓地で、目の前に突然現れました!

68「ナベコウ」、平成26年11月18日、 


67「ホシムクドリ」、平成26年11月18日、干拓地で初顔、タシギと一緒にいました。


66「マダラチュウヒ♀」、平成26年11月16日、頭に白斑がある。 
右は頭が黒い、もしや?と思いましたが、ハイイロチュウヒのオスとのこと、


65「ハイイロチュウヒ」、平成26年11月13日、干拓地で、 翌日オスも撮れました。


64「タゲリ」、たくさんいました。平成26年11月13日、干拓地で初顔、


63「マヒワ」、平成26年11月10日、あざみ谷で初顔、


83「オオバン」、平成26年11月10日、森山干拓地で、


77「カンムリカイツブリ」平成26年11月10日、森山干拓地で鴨の初顔、


62「ミヤマホオジロ」のメス、平成26年11月08日、森山干拓地で初顔、
オスは平成27年1月08日に自宅付近で初見、喉部も黄色く、鶏冠上部が黒かった。


61「アオジ」、平成26年11月08日、森山干拓地で初見、


60「アトリ」平成26年10月30日、干拓地で初顔、


59「ノジコ 」平成26年10月29日、干拓地で初顔、


58「チョウゲンボウ」、平成26年9月12日、中央干拓地で、初めて出会いました!


58「アカアシチョウゲンボー」かな?と期待しましたが、チョウゲンボーの♂とのことでした。
平成26年10月26日、干拓地で、足も赤いし、嘴の根元も赤いが?嘴の根元赤いけど?
 

58「チョウゲンボウ」、平成26年11月19日、森山干拓地で、頭の色が鼠色、オスの成鳥とのことです。 


57「モズ?」、平成26年10月26日、干拓地で、
アカモズと思ってアップしたら、腹が白くないので普通のモズとのことでしたが、


54「ホウジロ」、平成26年10月29日、干拓地で! 右は普賢岳でのさえずり風景


51「オシドリ」、平成26年10月6日、市内の池で初撮影、


50「カイツブリ」、平成26年10月6日、市内の池で


48「コガモ」、平成26年10月6日、市内の川で初めて撮影、


47「ウミネコ」、平成26年10月5日、外海の海岸で初撮影、
カモメと思ってましたが、尾の先が帯目模様、眼が金色


46「ゴイサギ」、平成26年9月27日、森山干拓地で、初めて、150m先、遠すぎたかな?


43「セイタカシギ」、平成26年9月21日、中央干拓地で、初めて出会いました!水辺の妖精、27年の4月にも、
 

42「マミジロ」、平成26年9月17日、あざみ谷で、初めて「マミジロのつがい」に出会いました!


41「コルリ?」、平成26年9月17日、あざみ谷で、初めて出会いました!
胸が白くないので「オオルリの幼鳥」とのご指摘ありました。27年にきちんと「コルリ」は撮れました。


40「ハヤブサ」、平成26年9月04日、中央干拓地で、
「チゴハヤブサ」としてアップしましたが、先輩バーダーから「ハヤブサ」ではのご指摘ありました。削除、

49「カルガモ」、平成26年9月03日、諫早干拓地で


29「カワウ」、平成26年9月03日、諫早干拓地で


「飛翔するカワウ」、平成26年9月14日、中央干拓地で、


39「オオタカの幼鳥」、平成26年9月02日、中央干拓地で、


38「イソシギ」、平成26年9月01日、川原大池で、初めて「イソシギ」に出会いました!


37「ミサゴ」、平成26年8月27日、諫早干拓地で、初めて出会いました!




29「カワウ」、平成26年9月03日、諫早干拓地で


20「コゲラ幼鳥」、平成26年8月23日、稲佐山で

05「ヤマガラ」、平成26年8月17日、市内で


32「ヒバリの幼鳥」、平成26年7月27日、朝の散歩で初めて出会いました。

33「オオヨシキリ」、平成26年8月29日、中央干拓地を始めて訪れ、初見、ギョ、ギョ、ギョと鳴く。
「セッカ」とばかり思い、アップしていましたが、最近「オオヨシキリ」と判明、修正、


30「セッカ」、平成26年7月22日、中央干拓地を始めて訪れ、初見、チチチチと可愛い。
NHKの野鳥写真展をみてから、皆さんの素晴らしい作品に触れ、ますます撮影意欲が増しました。




7月21日に鬼塚木工所の帰りに覗いた干拓地でしたが、以来10日間、毎日通いました。
特に初めて出会ったのは「セッカ」「ヒバリ」「キジ」「カワウ」などでした。

57「モズ」、平成26年4月14日、柿泊で、


56「カワラヒワ」、平成26年7月16日、白浜弁天で、
 

平成26年8月3日、アカショウビン、快心の1枚、蛙をゲット、


平成26年8月6日、雛の巣立ちシーンが撮れました!!



20「コゲラ」、平成26年6月、あざみ谷で

26「オオルリ」、平成26年6月、あざみ谷で


24「キビタキのメス」、平成26年6月、あざみ谷で


22「トラツグミ」、平成26年6月、あざみ谷で


21「クロツグミ」、平成26年6月、あざみ谷で、嬉しい1枚!


18「センダイムシクイ?」、平成26年6月、あざみ谷で、どうやらこれは「ウグイス」


19「ソウシチョウ」、平成26年6月、あざみ谷で

23「エナガ」、平成26年6月、あざみ谷で、初見、(右)平成27年7月に少しいい写真が撮れました。


06<ダイサギ>平成26年6月、唐比蓮池で、シロサギの美しさには目を見張ります。嘴は夏は黒、冬は黄色、首が長い


6月7日に初めて行ったあざみ谷は「野鳥の楽園」!


<あざみ谷の野鳥たち> まとめ
<オオルリ><キビタキ><ソウシチョウ><エナガ><トラツグミ><クロツグミ>
<ミソサザイ><センダイムシクイ>は初顔合わせでした。
<ウグイス><コゲラ><ヤマガラ><シジュウガラ><アトリ><メジロ><ホオジロ>
<ヒヨドリ><キジバト>なども見られました。

52「カワセミ」
平成26年6月7日、初めて千々石川でカワセミ発見、12日に初撮影、15日に記念の1枚です。

飛翔写真も撮れました。
 

餌鳥シーン、捕獲した魚はすぐ飲み込まれます。


36「キセキレイ」、平成26年5月9日、鹿尾川で、


27「アオバズク」、平成26年7月20日、茂木で初見


19「ソウシチョウ」、平成26年6月、あざみ谷で

45「ビンズイ」、平成26年6月15日、


28<マミジロタヒバリ?>、森山干拓地で、、調査中だが「ヒバリ」の可能性が高い、


44「ツグミ」、平成26年4月、唐比蓮池で、


「ミヤマガラス」、平成27年4月、
体形が大きく、嘴が白っぽいカラス、はじめてみて釘付けになりました。



11「イソヒヨドリ」、平成26年4月15日、


「メス」は平成26年4月18日、朝の散歩で、右は自宅近くで 


18「カワラバト」、平成26年3月23日、富士見公園で、ドバト、


17「ツバメ」
平成26年4月14日、先日撮影した燕さん、巣がありました。近所のタクシー会社、


4月12日、燕さんが私の目の前で一心不乱に藁を集めてました。


16「ムクドリ」、平成26年4月14日、ムクドリは夫婦仲良く、グリーンベルトで巣作り材集めの最中でした。


15「ウグイス」、平成26年4月4日、初めてのうぐいす撮影、


その後、憑かれたように連日撮影に、7日、9日と快心の1枚が撮れました。


その後、殿の山で、綺麗に撮れました。


14「ハシブトカラス」、平成26年3月31日、唐比で、


13「ハシボソカラス」、平成26年3月31日、自宅近くで


12「シロハラトリ」、平成26年3月29日、富士見公園で、近くまで寄ってきました。


11「イソヒヨドリ」、平成26年3月28日、朝の散歩で
鳴き声も素晴らしいし、姿も優雅、しばし見とれました。


10「ヒヨドリ」、平成26年3月、右は平成27年1月、自宅近くで、


09「スズメ」、こんなに美しかったなんて、、富士見公園



08「キジバト」、 稲佐山公園で、


07「アオサギ」、平成26年3月17日、唐比蓮池で、美しい舞いに見惚れました。




06「ダイサギ」、

05「ヤマガラ」、平成26年3月13日、白浜弁天で、


04「トビ」、平成26年3月12日、白浜弁天で、


私の目の前で「ピーヒョロロ!」とご挨拶、


船をバックに1枚、


03「カモメ」、平成26年3月10日、白浜弁天で、


02「メジロ」、平成26年3月13日、富士見公園で


その後、柿泊周辺で


01「シジュウカラ」、平成26年3月6日、野鳥の撮影初日、白浜弁天で
 

3月6日、岩川町教室レッスンのあと、FB友、櫻井孝美さんの美しい野鳥写真に触発されて、、野鳥撮影に挑戦、
まだ野鳥の名前すらよく知らない。これから図鑑でも買って勉強しよう!